仮面ライダー電王まとめ @Wiki

ネガタロス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 イマジン
敵の親玉
【名前】 ネガタロス
【よみがな】 ねがたろす
【声】 緑川光
【スーツアクター】 岡元次郎
【モチーフ】 不明
【童話】
【登場話】 仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事

【特徴】

身長:190cm
体重:112㎏

2008年の現在にやってきた「はぐれイマジン」。4タロスデネブ同様、契約完了し実体化している。
名前の由来は、「負」「反転」の意の「NEGA」から。
誰にも負けない悪の組織「ネガタロス軍団(仮)」というふざけた軍団名で組織を作り出そうと目論む。 
容姿はモモタロスと酷似しており、名前から4タロスと関連性がありそうだったが、劇中では特に触れられていない。
モモタロスの体の模様が「M」なのに対しネガタロスは「N」の模様。ネガタロスのNまたはニセモノのNの意味を持つ。
ネガの名の通り、モモタロスの赤い体に黒い模様に対し、黒い体に赤い模様とちょうど反転カラーリングになっている。
粗暴な性格ながら、狡猾さも併せ持っている。右の角を手でナデナデする癖がある。

自分の携帯電話を所持する唯一のイマジン。

「勝利する悪の組織」にトコトン拘っており、何かと自身の組織を誇るセリフを吐く。この何かに対して拘るという点は、カッコよさに拘るモモタロスに通じるものがある。


【電王&キバ クライマックス刑事】

常に自信に溢れた姿勢で、対峙したモモタロス達を前座と見下すだけあって、かなりの強さを誇り(デンライナー署にいる全員でかかっても勝てるかは五分の確率だった)、ネガ電王として良太郎モモタロス達を苦戦に追い込んだ。
やられる寸前に「悪の組織は永遠」と言い残した。

【関連するページ】