仮面ライダー電王まとめ @Wiki

ゼロフォーム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 ライダー/仮面ライダーゼロノス
【身長】 192センチ
【体重】 89キロ
【パンチ力】 7トン
【キック力】 9トン
【ジャンプ力】 ひと跳び42メートル
【走力】 100メートルを4秒
【憑依イマジン 無し
【声】 中村優一
【スーツアクター】 伊藤慎
【登場話】 第40話
劇場版3 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン
超・電王トリロジー Episode Red

【特徴】

桜井侑斗がカードの力を使い変身したゼロノスのフォームの一つ。
過去の男から渡されたカードの中にあった新ゼロノスカードで変身。
他のフォームと違い変身するときのフォーム名の読み上げが無く、「Charge&Up」のボイスが鳴る。
2007年の桜井の記憶を前の10枚で消費しきってしまったため、新ゼロノスカードを使用すると今度は過去から現代にやってきた自分についての記憶が、関係する人の中から消えていってしまう。なお、記憶は消費されるものの、その人に関連した物体などはそのままである。
メタリックグリーンのボディカラーが新ゼロノスカードを利用する事により赤く錆びた色へと変貌している。機動力や性能に関してはアルタイルフォームより向上している。
アルタイルフォームよりも強力だが、デスイマジン戦では劣勢のまま終わった。
真っ向勝負ではベガフォームに劣るようである。
新ゼロノスカードも普段のゼロノスカード同様1回の使用で消えてしまう。その際、蒸発するように消滅していた以前のカードと異なり、今回は錆びついて崩れ落ちるという演出となっている。

赤い色は警告や警戒、止まれをイメージする。

【戦法】

アルタイル同様素早い身のこなしで敵に挑む。また、新しく追加された武装のデネビックバスターを使い敵の銃撃に真正面から突進していく無茶な戦い方もしていく。

【武器】


【必殺技】


劇場版3 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウンでのゼロフォーム】

今回の映画は『クライマックス刑事』で一度、脱線したストーリーから本線に戻っているため登場する仮面ライダーゼロノスのフォームはゼロフォームのみ。
終盤でガンフォームに単独変身したリュウタロスと前後のイマジンをバスターノヴァとワイルドショットを同時発射し、全滅させた。


【関連するページ】