仮面ライダー電王まとめ @Wiki

ハナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「コレ体は良太郎だった。ゴメン...。」

【種別】 登場人物 (TVシリーズ レギュラー登場人物)
俺、誕生! 登場人物・出演俳優 (登場人物)
【名前】 ハナ
【よみがな】 はな
【キャスト】 白鳥百合子
【年齢】 19歳
【登場話】 第1話


デンライナーの乗員の一人。

良太郎に取り憑いたイマジンたちを仕切っているが、遠い未来から来たわけではなく、
現代、もしくはそれに近い時間で生活していたが、イマジンによる時間改変自分の存在した時間が消滅する。
しかしハナは特異点だった為、一人残る。ある日突然少女の姿になってしまう。

何故かやたらと強く、殴られて吹っ飛んだモモタロスが食堂車の壁を突き破って飛んで行く程のパンチ力を持ち、戦国時代の忍者相手に獅子奮迅の活躍を見せたり、子供の状態で悪の組織の構成員五人相手に一方的な勝ち方をするなど戦闘技術もかなり高い。
但し、最終話では敵のイマジンに不意打ちをしたにも関わらず大したダメージを与えられない等少々不安定な所がある。

良太郎に、今起きていること、デンライナーイマジンについて説明するが、すべてを知っているわけではない。
しかし言う事の出来ない未来の話もあるかのようなそぶりもみせる。
強い使命感があり、イマジンの侵略に対抗して“時の運行”を守ろうとする。
そのために独自の判断で良太郎にライダーパスを授け、彼を電王にする。

【性格】

行動的で怖い物知らず…というよりモモタロスの事は屁とも思っていない。むしろ下に見ている。
モモタロスがハナに強気な態度でいくのだが、すべて玉砕する。グーパンチデコピンで応戦する。
モモタロスのことはすべて見切っている。
短所はあまりにも真面目なため、激怒する時も手を抜かないこと。
またイマジンを追うことに真剣になりすぎて言葉使いが強くなりすぎる事がある。
怒っているわけではないのだが、弱い人間から見たら近づきにくい所がある。
その事を良太郎に指摘され真面目なハナは真面目に落ち込む。デンライナーの食堂車でいつものように喧嘩するモモとウラの喧嘩を止める気力も無いくらいに。
しかし、すべてにおいて真面目に真剣に取り組んでいるので、デンライナーのメンバーには怖がられている反面わずかではあるがその姿勢は買われている。
勝負事は黙って見ていられない性格で負ける可能性が高くても取りあえず挑まずには居られない。
オバケの類が苦手な様だが、遭遇したら驚きつつ取りあえず殴る。
口より先に手が出るハナだが、女の子らしい面もありデンライナーから出る時はほとんど違う服を着ていく。
おしゃれには気を使う。また自分に協力してくれたお礼に手作りの特製プリンを作ったりすることもある。
味に関しては未確認である。
人を見る目は確かなようだが..............。
最初のうちは全てのイマジンに対して強い憎しみを抱いていたがモモタロス達と接していくうちに、彼らを大切な仲間だと思う様になるが当初はその気持ちが認められずにその感情に戸惑う事に。
そのことを愛理に相談することで彼らへの気持ちを受け入れる。

【その後のハナ】
+ ネタバレも含む


【ハナが行った攻撃一覧】
対象&攻撃技 放映話
契約者であった本条を助け、消えようとしていたキンタロスに顔面パンチ 第10話
勝手に良太郎に憑依したモモタロス、ウラタロス、キンタロスにデコピン 第17話
モモタロスが天井に刺さる勢いでキック 第22話
吹っ飛んだモモタロスがデンライナーの壁をぶち破るほどのパンチ 第28話

登場人物


【関連するページ】