仮面ライダー電王まとめ @Wiki

アントホッパーイマジン(キリギリス)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「やられるのはオマエなんだよ!」

【種別】 イマジン
【名前】 アントホッパーイマジン(キリギリス)
【よみがな】 あんとほっぱーいまじん(きりぎりす)
【声】 関智一
【スーツアクター】 伊藤教人(一人二役)
【モチーフ】 アリとキリギリス(性格はキリギリス)
【童話】 アリとキリギリス
【登場話】 第31話第32話
劇場版 超・電王トリロジー Episode Blue

【特徴】

身長:197cm
体重:120㎏
2007年の現在にやってきた未来人のエネルギー体が藤代裕也が思い描く
「アリとキリギリス」からアリとキリギリスをイメージしてこの世に現出した姿。
外見はアリ(未)と差異はない。武器はヴィオラ型の剣。
見事なコンビプレイが目立つが、単体での戦闘力も恐ろしく高い。

性格はキリギリスの方が反映されており、やたらとテンションが高い。
アントホッパーイマジン(アリ)(未)と戦っている電王・ガンフォームの背後から襲い掛かり、変幻自在のコンビネーション攻撃で瀕死の状態にまで追い詰めた。
その後、廃墟で電王・ソードフォームと交戦。接近戦が得意中の得意であるソードフォームをも追い詰めるが、少しずつ押され始める。互いに満身創痍になるが、リュウタロス復帰によってソードフォームは電王最大戦力であるクライマックスフォームに変身。その高い戦闘力に圧倒されつつも、それなりに粘るが必殺、俺の必殺技 クライマックスバージョンで倒された。電王が現代で倒した初のイマジンである。

【関連するページ】