仮面ライダー電王まとめ @Wiki

第29話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ラッキー・ホラー・ショー」

前回 今回 次回
第28話 第29話→ 第30話

【あらすじ】
町内会肝試し大会が行われることになった。
各店から賞品を出すことになったが、ミルク・ディッパーからはなんと「愛理とお茶する券」!尾崎三浦は目の色変えて参加する。
一方、良太郎モモタロス4人のイマジンとみんなで参加しようと提案。みんなで気持ちを一つに戦いたい。そんな良太郎の
思いからの提案だったが、モモタロスらは「1日良太郎の体を使える権」という賞品に目の色変えて…。
ハナも参加を決めた肝試し大会当日。大会参加者に混じってイマジンの姿が。実は参加者の中に契約者がいて…。

そのイマジンの目的とは?

【脚本】 小林靖子
【監督】 田村直己
【アクション監督】 宮崎剛
【放映日】 2007/08/19
【DVD】 仮面ライダー電王 DVD VOL.8

【ゲスト】
第29話
下山 (町内会長) 佐藤正宏 第29話
町田 (殺人犯) 菅原卓磨 第29話
役員 土田アシモ 第29話
(ハナに殴られたゾンビ) 白石猛 第29話
(R良太郎にメロメロにされた幽霊) 永田真理 第29話

【出来事】
  • 前回の新フォームには4人の気持ちが一つになれなければならない事が課題となり気持ちをあわせる訓練をすることに。しかしもともとバラバラな個性なためうまく呼吸があわない。
  • 町内肝試し大会が開催されることに。副賞に愛理とお茶する券がつくため張り切る尾崎、三浦、リュウタロス
  • あまり乗り気でない、モモ、ウラ、キンのために良太郎は自分の体を一日自由に使える権利を与えることに。張り切る3人、しかし良太郎は気持ちを一つにするきっかけを作りたいと理由にするが本当は新フォームをまた使いたいためだった。
  • 侑斗にも愛理とお茶する券をあげたくて肝試し大会に参加するが、怖いのを無理して参加したためイマジンの出現の時に侑斗に心配をかけてしまい。侑斗に変身のカードを使わせてしまう。
  • デネブのおっちょこちょいで変身のカードが残り1枚になってしまう。侑斗を怒らせてしまったことで自分が嫌になりデネブは家出をしてしまう。
  • とりあえずなんら解決策もみつからず馬鹿馬鹿しい意見の一致でクライマックスフォームに変身する。
  • クライマックスフォーム パンチモード初登場 ボイスターズパンチでイマジンを撃破する。だが依然意見の不一致は変わらず。



【関連するページ】