仮面ライダー電王まとめ @Wiki

ウイングフォーム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「降臨、満を持して。」


【種別】 ライダー/仮面ライダー電王/W良太郎
【身長】 193センチ
【体重】 90キロ
【パンチ力】 4トン
【キック力】 8トン
【ジャンプ力】 ひと跳び50メートル
【走力】 100メートルを3.8秒
【憑依イマジン ジーク
【声】 三木眞一郎
【スーツアクター】 高岩成二
【登場】 第24話 劇場版

【特徴】

デンガッシャーハンドアックスモードブーメランモードの形に組み替え、二刀流のように使用。
また、ジークの特殊な経緯故か、ウイングフォームのみベルトの形状が完全に異なる。

劇場版第1弾では諸事情で電王の力を使えなかった良太郎達の助けとなったが、ガオウの不意打ちによって敗れてしまった。

「さらば電王」ではジークがライダーパスと専用デンオウベルトを使い、単独で変身。愚痴をこぼしながらも、相変わらずの強力なカウンター攻撃と二刀流による素早い斬撃でイマジン軍を圧倒した。

【戦法】

手を背後に回した状態からの一挙一動を全て利用し、最小限の動きで相手を打ち倒す。
ロッドフォームと同じく器用な戦い方を得意としている。
特殊なフォーム故に変身回数は少ないが、どの戦いでも圧倒的な強さを見せた。
素手の時は自分から仕掛けずカウンターの平手打ちで優雅に戦い、ハンドアックスとブーメラン装備後は息をつかせない流麗な連続攻撃を主に行う。

【必殺技】



【関連するページ】