仮面ライダー電王まとめ @Wiki

やっぱりねぇ、お仲間だと思ったよ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【種別】 用語
【用語】 やっぱりねぇ、お仲間だと思ったよ
【よみがな】 やっぱりねぇ、お仲間だと思ったよ
【使用話】 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン
死郎がたくらむ、生と死の時間をひっくり返し死者の復活させるという野望と良太郎がモモタロスに伝えた「象を守れ」という謎の言葉の意味を探るために飛んだ過去の1729年で拠点となった長屋に住むおばさんが、後からやってきたデネブのなんともおかしな姿を見てモモタロス達と仲間だと思って言った一言。この時代の日本人の認識だと、外国人の情報も無く、こんなへんてこりんな姿をしているイマジンも外国の人という事で納得してしまう。

また、日本にある鬼の伝説は、一説によると、船の事故で日本にたどり着いた外国人を当時の人たちの目からみた西洋人が東洋人と違う肌の色や髪の色、また、体の大きさの違いなどで間違えて認識したのではないかという説もある。


【関連するページ】