仮面ライダー電王まとめ @Wiki

仮面ライダーディケイド(第10作)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【特徴】

TVシリーズ、平成仮面ライダーシリーズ(未)第10作目で、「電王」の次々作にあたる(前作は「仮面ライダーキバ(未)」)。

TVシリーズ「仮面ライダーディケイド」の詳細は ディケイドまとめ で。


【仮面ライダー電王との関係】

平成仮面ライダーシリーズのライダーや怪人が、リ・イマジネーションの名のもとに再登場する作品であるが、その中で「電王」はオリジナルのまま登場するという異色さを見せている。

【仮面ライダー電王にも登場する人物】
役名 出演俳優 登場話
門矢士 仮面ライダーディケイド 井上正大 劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
海東大樹 仮面ライダーディエンド 戸谷公人
光夏海 (ディケイドのベルトを発見し、世界の終焉に立ち会ってしまう) 森カンナ
光栄次郎 (「光写真館」の老主人、光夏海の祖父) 石橋蓮司


【第1話】

タイトルは、「ライダー大戦」。

夏海の見る夢の中に、2台の時の列車とソードフォームが登場。他のライダーとともに、仮面ライダーディケイドのような仮面ライダーと戦うが、敗れてしまう。
夢の中には、かつて共演した仮面ライダーキバや他の平成ライダーも登場。

なお、この話には、「クライマックス刑事」に登場した瀬戸康史紅渡として登場。

【脚本】 會川昇
【監督】 田崎竜太
【アクション監督】 宮崎剛(JAE)


【第8話・第9話】

第8話のタイトルは、「ブレイド食堂いらっしゃいませ」。
第9話のタイトルは、「ブレイドブレード」。

2話ともブレイドの世界を描いた作品。
放送終了後に、告知のためにナオミオーナーコハナ野上幸太郎が登場。

【脚本】 會川昇
【監督】 田崎竜太
【アクション監督】 宮崎剛(JAE)


【第13話】

タイトルは、「覚醒 魂のトルネード」。

第13話のアギトの世界編終了とともに、アギトの世界の次が電王の世界であることが明かされる。
デンライナーが久々にテレビに登場した回でもある。

【脚本】 米村正二
【監督】 石田秀範
【アクション監督】 宮崎剛(JAE)


第14話第15話

電王の世界を舞台とした話。
第14話のタイトルは、「超・電王ビギニング」。
第15話のタイトルは、「超モモタロス、参上!」。
電王らしく、劇場版と連動した話。

【脚本】 小林靖子
【監督】 石田秀範
【アクション監督】 宮崎剛(JAE)


【劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド】


【第18話】

タイトルは、「サボる響鬼」。

仮面ライダーディエンドが召喚する形で、響鬼の世界に登場。
鬼(モモタロス)対鬼(音撃戦士)の対決となった。

【脚本】 米村正二
【監督】 柴崎貴行(未)
【アクション監督】 宮崎剛(JAE)


【劇場版 仮面ライダーディケイド】

1号からWまでの仮面ライダーシリーズ(未)の主人公たちが登場する予定で、
電王はそれまでの電王の世界同様、オリジナルのまま登場する予定。

なお、
南光太郎(仮面ライダーBLACK、仮面ライダーBLACK RX)の倉田てつを や
津上翔一(仮面ライダーアギト(未))の賀集利樹 もオリジナルのまま登場する予定。

ちなみに、その他にもリュウタロス役の鈴村健一が仮面ライダーXの声を演じており、
仮面ライダーアマゾン役として関智一
仮面ライダー王蛇役や仮面ライダーキックホッパーのオリジナルキャストとして萩野 崇徳山秀典
などの仮面ライダー電王に関係した俳優や声優が多数出演している。

【脚本】 米村正二
【監督】 金田治
【アクション監督】 宮崎剛(JAE)


【関連するページ】