05年度AD3年口頭試験キーワード 29.シェーンベルク

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルノルト・シェーンベルク (1874~1951)  田上です

略歴

 オーストリアの作曲家。

 第一期
 初期は後期ロマン主義的な作品を書いていた。
 代表作 「ペレアスとメリザンド」 「浄められた夜」

 第二期
 調性を放棄し、無調を志向するようになっていく。さらにこの時期表現主義に強く魅かれる。
 表現主義的特徴がはっきりでたこの時期の作品の中でも特に「期待」、「月に憑かれたピエロ」は、しばしば
 発作的・跳躍的な音の動きをみせ、緊張感が強く、また複雑で絶え間の無い焼け付くような不協和音に
 満ちている。

 第三期
 12音技法を開発する。
 代表作 「ブラスバンドの為の変奏曲 Theme and Variations For Band」 「ピアノ・コンチェルト」



| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|