05年度AD3年口頭試験キーワード 49.音圧レベル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

音圧レベル

人間の可聴範囲の音圧は2×10^(-5)[Pa]~10^(2)[Pa]という広範囲におよび、この範囲の数字をそのまま取り扱うのは不便である。また、人間の感覚上の大小は対数(log)に近いことが知られており、音圧の大小を取り扱うのに、音圧の実効値を基準音圧の実効値の比の10を底とする対数の20倍を用いることがおおく、この値を音圧レベルという。

SPL=20log10(Pe/Pref)

一般に Pref=2×10^(-5) [Pa]を用いる

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|