05年度AD3年口頭試験キーワード 48.球面波

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

球面波

球面上に広がる波、三次元の波動方程式を満たす簡単な形状の波面を持つ波とも言える。

p(r)=j(ωρA/r)e^(-jkr)
u(r)=A(jk/r+1/r^2)e^(-jkr)

上の2式は球面波の場合に、音圧粒子速度が同位相でないことを示している。
ところが、rが十分大きいとき1/r^2≒0と近似できるので、この場合音圧粒子速度は同位相に近づいていく。つまり、非常に遠方では球面波は平面波に近似されることを示している。

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|