05年度AD3年口頭試験キーワード 26.パレストリーナ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

16世紀後半、ルネサンス期のイタリアを代表する教会音楽作曲家。
教皇のお膝元であるローマで活躍し、カトリック教会のための数多くの宗教曲の傑作を残した。
その存在は「教会音楽の父」として後代において神格化され、彼の
ポリフォニー技法は「パレストリーナ様式」と呼ばれ、この様式は対位法の模範とされている。

パレストリーナの作品は、フランドル楽派のポリフォニー様式を基礎に置きながら、イタリア風の三和音(ド-ミ-ソなど)を基礎とした澄んだ和声進行の上で、常に流麗で滑らかな旋律が鳴り響き、歌詞の抑揚や言葉の意味を明確にしていくというものである。従って、ポリフォニーでありながら、常に魅力のある旋律が鳴り響き、縦と横のバランスが非常によくとれた音楽になっている。


※対位法(たいいほう)(英counterpoint)
1つのメロディに対し、新たな(複数の)メロディを同時に歌わせる(作曲)技法。和声法が、和音の積み重ねという縦の関係を中心に扱うのに対し、対位法では旋律線や対旋律という横の(水平的な)流れの関係を扱う。

※ポリフォニー (英polyphony)
2声部以上で、旋律の独立的な横の流れに重点を置いた音楽。対位法の技法が使われる。フーガはその最も完成された形式の1つ。

代表曲『教皇マルチェルスのミサ』

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|