05年度AD3年口頭試験キーワード 76.(聴覚における)進行波説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<解答1> 児玉

[travering wave theory] 進行波説とは、べケシーが提唱した場所説の一種で「基底膜が周波数に応じてそれぞれ固有の進行波を生成する=周波数によって基底膜の最も強く振動する位置が異なる」という説である。一般的には、蝸牛基底部(手前)は高音域を感知し、先端部に行くに従って低音部を感知すると考えられている。べケシーの進行波説の他にも、ヘルムホルツの共鳴説(蝸牛の基底膜がピアノの弦を張ったような構造になっていて、周波数の振動に共鳴するという説)があるが、これは生理学的には正しくない。
場所説
蝸牛の有毛細胞
次のキーワードに進む



| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|