05年度AD3年口頭試験キーワード 74.中耳のインピーダンス整合

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

音圧の変化は蝸牛内で検出しています.従って,空気から蝸牛内のリンパ液に圧を伝えなければならないわけです.しかし,気体と液体が直接接触しているような場合では,気体と液体の固有音響インピーダンスが大きく違うので,境界面で音が大部分反射してしまいます.この中耳のインピーダンス整合ってのは,気体(空気)から液体(リンパ液)に音を伝えてやる機構です.ちなみに,2つの媒質があって,その固有音響インピーダンスが等しい場合をインピーダンス整合といい,このとき音は境界で反射しません.これと同じことを中耳がやっているので,中耳の”インピーダンス整合”って言うんでしょう(きっと).
そして,インピーダンス整合において,鼓膜(55mm^2)とアブミ骨底(3.2mm^2)という面積比(17:1)により音圧が25dB上昇し,またツチ骨とキヌタ骨の足の長さの比が1.3:1になっている(つまりテコの原理)ことにより音圧が2.5dBほど上昇します.

また,そのうち編集しますね.間違ってたら教えてください

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|