05年度AD3年口頭試験キーワード 66.サンプリング定理

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サンプリング定理…
標本化する信号に含まれる最高周波数がナイキスト周波数よりが低ければ、離散化された信号から元信号を復元することが可能であるという定理。

ナイキスト周波数とは・・・
ある信号を標本化するとき、そのサンプリング周波数 fs の 1/2 の周波数を言う。ナイキスト周波数を超える周波数成分は標本化した際に折り返し (エイリアシングとも言う) という現象を生じ、再生時に元の信号として忠実には再現されない


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|