05年度AD3年口頭試験キーワード 64.標本化と量子化

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

標本化と量子化…標本化とは、時間軸上で連続したアナログ波形を一定の時間間隔の離散的な値で表すこと。標本化の時間間隔を標本化周期(Ts)その逆数を標本化周波数(fs)標本化したときの振幅値を標本値という。
量子化とは、時間軸上で離散信号になった標本値は、振幅上ではまだ連続的な値を持っているので、振幅軸上でも離散的な値に変換すること。標本値の最大値と最小値の値を一定の量子幅で等分したときに観測している標本値をそれと最も近い離散値に置き換える。量子化された値と実際の値の差は、量子化歪みとなる。これを小さくするためには、量子化幅を小さくし、レベルの数を多くする。

| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|