05年度AD3年口頭試験キーワード 59.線形時不変システム

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

線形時不変システム…入力と出力との間に重ね合わせの原理が成り立ち(線形)、かつシステムの特性が時間によって変化しない(時不変)システム。

補足:このシステムの存在によって任意入力に対する出力y(t)が入力x(t)とインパルス応答h(t)の畳み込み積分によって記述できる。

-


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|