05年度AD3年口頭試験キーワード 57.フーリエ級数とフーリエ変換

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フーリエ級数(Fourier Series)とは…連続周期信号を直流成分、基本周波数成分ならびにその高調波成分の重ね合わせによって表現したもの。


フーリエ変換(Fourier Transform)とは…フーリエ級数が周期信号(無限長信号)を取り扱うのに対し、フーリエ変換は、非周期信号(有限長信号)を対象とする。非周期信号を、周期無限大の周期信号ととらえ、フーリエ級数展開と同様の計算を行う。



補足1:フーリエ級数展開によるスペクトル(周波数に対する分布)は線スペクトル(離散)で非周期的、フーリエ変換によるスペクトルは連続で非周期的。

補足2:「三角関数で表現できない関数は存在しない。」byフーリエ(1768~1830)

補足3:カレーライスをフーリエ級数展開すると・・・


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|