05年度AD3年口頭試験キーワード 前の時代との違い(念のため)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ルネサンスとそれまでとの違い

 中世音楽がより厳格で暗い音調であるのに対してルネサンス音楽にはより豊かで輝きのある
 よく響く性質がある。
 中世音楽では一般にオクターブ、5度、4度といった完全協和音程が使われていたが、
 ルネサンス音楽では3度や6度といった不完全協和音程を含む和声を土台にしたより豊かな
 響きを志向する。
        戻る
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|