05年度AD3年口頭試験キーワード 多感様式

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

多感様式

 C.Ph.E.バッハ(カール フィリップ エマーヌエル バッハ)が採用
 強弱法や不協和音にみられる微妙なニュアンスや陰影を特徴。
 具体的には、テンポや雰囲気の激しい変化、旋律の動きの簡潔さ、薄い和声テクスチャなど
             戻る
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|