05年度AD3年口頭試験キーワード オペラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バロックオペラ

 バロックオペラは衣装と背景を伴い、台本(リブレット)と呼ばれるテキストの全体に
 音楽がつけられる。筋書きは普通世俗的である。
 バロック初期に「オペラ・セーリア 」(悲劇の形をとる)、「オペラ・ブッファ」(喜劇)などの
 オペラが発展。これらの特徴としては、「レチタティーヴォ」(語られる内容を主としてあまり旋律的でない楽句)
 「アリア」(旋律的なまとまった形の独唱曲)があげられる。また器楽伴奏は単純な通奏低音から出発したが
 18世紀には編成の大きい管弦楽にまで発展をとげた。
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|